感想・考察・ネタバレ

「僕の心のヤバイやつ」山田杏奈がかわいい!7つの魅力を余すことなく紹介

この記事はプロモーションを含みます
「僕の心のヤバイやつ」山田杏奈がかわいい!7つの魅力を余すことなく紹介

こんな悩みや疑問はありませんか?

  • 『僕の心のヤバイやつ』のヒロイン「山田杏奈」ってどんなキャラなの?
  • 『僕の心のヤバイやつ』の山田はどこがかわいいの?
  • 山田のかわいいところを見られるエピソードを知りたい!

本記事ではこのような悩みを解決できます。

 

 

本記事の執筆者

サイト運営者のプロフィール

『僕の心のヤバイやつ』は原作マンガを全巻読んでいます。

 

『僕の心のヤバイやつ』と言えば、ヒロインが大きな見どころです。

ヒロインの山田は男女を問わずに「魅力的でかわいい!」と思わせてくれます。

 

この記事では、最強ヒロイン・山田杏奈について紹介しています。

山田のかわいい様子を見る方法も紹介しているよ。

※本記事には『僕の心のヤバイやつ』の原作のネタバレが含まれています。ご注意ください。

\原作を格安で読める/

DMMブックス

魅力
  • 98万冊以上の電子書籍がある
  • 初回ユーザーは無料登録すると90%OFFクーポンをもらえる(割引上限2,000円)

\新規登録者90%OFF/

DMMブックス公式

98万冊以上の書籍を取扱い

 

\『僕ヤバが見放題』/

Amazon Prime Video

魅力
  • オリジナル作品が充実
  • アニメ以外のジャンルにも強い
  • ほかのAmazon有料サービスも利用可能
  • 月額600円とコスパが良い

\30日間の無料体験あり/

Amazon Prime Video公式

オリジナル作品が充実

 

『僕の心のヤバイやつ』最強ヒロイン「山田杏奈」とは?プロフィールを紹介

山田杏奈

出典:『僕の心のヤバイやつ』アニメ公式サイト

名前 山田杏奈
(やまだあんな)
芸名 秋野杏奈
(あきのあんな)
血液型 AB型
誕生日 9月10日
学年 中学2年生
(原作8巻から中学3年)
身長 171.9cm
家族構成 一人っ子
(ママとパパも登場)
好きな食べ物 ミルクティー
肉まん
ピザまん
好きな色 黒、青
性格 陽キャ
クラスの人気者
天然・マイペース
アニメの声優 羊宮妃那
(ようみやひな)

 

山田は美少女でクラスの人気者、食べることが大好きな天然キャラです。

中学2年生ながらモデル活動もしています。

さまざまな要素が盛り込まれていて、プロフィールだけでも魅力的な人物であることが分かります。

山田はかわいいのに飾ったところがないから、誰でも好きになるよ。

\思わずにやけるシーン満載/

 

『僕の心のヤバイやつ』山田杏奈のかわいいところ7つ

『僕の心のヤバイやつ』山田杏奈のかわいいところ

山田杏奈のかわいいところは以下のとおりです。

山田杏奈のかわいいところ

  • 単純に見た目が美しい
  • 大人っぽい見た目と子どもっぽい内面のギャップが良い
  • 普段と仕事のときのギャップがかっこいい
  • 人懐っこい性格で誰からも愛されている
  • 市川に恋する姿がかわいい
  • 嫉妬する様子がかわいい
  • 時に大胆な行動に出るところが良い

7つの魅力を順番に紹介します。

 

魅力1.単純に見た目が美しい

山田は美人ママの血を受け継いでいるためか、美人でスタイルがいいです。

 

身長は中学2年生の段階で171.9cmもあります。

美人でスタイルも良いとなると、モデルや女優の仕事をしているのも納得できますね。

 

アニメだと山田の作画のクオリティーが高く、彼女の美しさをより強調しています。

こんな美少女と仲がいい市川に嫉妬しちゃうね。

 

魅力2.大人っぽい見た目と子どもっぽい内面のギャップが良い

山田は高身長でモデル体型なため、大人っぽい見た目をしています。

しかしその反面、子どもっぽい面を見せることが多いです。

山田の子どもっぽい面
  • 市川からカッターを借りて「やったー」と素直に喜ぶ
  • 「ねるねるねるね」や「プルーチェ」をワクワクしながら作る
  • 授業中にねりけしを必死に作る
山田のありのままの無邪気な性格が伝わってくるね。

 

魅力3.普段と仕事のときのギャップがかっこいい

彼女は普段と仕事のギャップが激しい人物です。

学校やプライベートでは女子高生・山田杏奈」として楽しい学校生活を送っています。

 

一方仕事では「芸能人・秋野杏奈」となり、かっこよさが際立ちます。

子供と大人の2面性を持つ山田に、ギャップ萌えするファンも多いでしょう。

作中ではモデル活動している山田の様子も描かれているよ。

 

魅力4.人懐っこい性格で誰からも愛されている

山田は誰とでも仲良くできる性格で、作中で彼女を嫌う人は登場しません。

初対面の人に笑顔で話しかけたり、喧嘩した友人とすぐ仲直りできたり、まさに「陽キャ」ですね。

彼女の人懐っこい性格によって市川と親密になれたと言ってもいいでしょう。

山田は「こんな女の子現実にはいないだろう」というキャラクター性だよ。

 

魅力5.市川に恋する姿がかわいい

山田は市川のことを次第に好きになり、その過程での表情や振る舞いが分かりやすく描かれています。

市川の姿を見て笑顔になったり、市川と話すために下手な演技をしたりと、恋する乙女っぷりがかわいいです。

見てて思わずニヤニヤするし、2人の恋路を応援したくなるよ。

 

魅力6.嫉妬する様子がかわいい

山田は独占欲が強いためか、嫉妬するシーンが多いです。

友達やクラスメイトだけでなく、親やマネージャーまで、市川と仲よくする対象は誰でもやきもちを焼きます。

 

作中では怖い顔をしたり無愛想になったりと、さまざまな感情を見せています。

それだけ市川のことが一途で大好きだというのが伝わってきますね。

市川も山田のことを独り占めしたいタイプだから、2人の恋愛関係は長続きするね。

あわせて読みたい

 

魅力7.時に大胆な行動に出るところが良い

山田は市川を好きになったと自覚してから振り向いてもらおうと、時に大胆な行動をします。

大胆な行動の例
  • 市川の制服のポケットに映画のチケットを入れる
  • 誕生日に市川を名前で呼ぶ

 

原作6巻「市川の制服のポケットに映画のチケットを入れる」

山田は市川に映画のチケットが2枚あると伝え、帰ろうとした彼の制服のポケットに、チケットを堂々と入れます。

市川は「一緒に観る?」と山田を映画に誘い、2人は映画デートをしました。

自分からは映画に誘えないけど、相手から誘わせるための方法としては大胆だね。

 

原作7巻「誕生日に市川を名前で呼ぶ」

山田は市川の誕生日パーティーに参加し、彼の耳元で「誕生日おめでとう きょう」と市川のことを名前で呼びました。

※市川の名前は「京太郎」です。

彼女は好きな男子を、名前かつニックネームで思い切って呼びました。

堂々と名前を呼んでから恥ずかしがる姿がかわいいね!

\思わずにやけるシーン満載/

 

『僕の心のヤバイやつ』山田杏奈がかわいいエピソード5選

『僕の心のヤバイやつ』山田杏奈がかわいいエピソード

山田がかわいいと個人的に感じたエピソードを5つに厳選しました。

山田杏奈がかわいいエピソード

  • 原作1巻「面白いと言われて嬉しくなる」
  • 原作2巻「職場見学とミルクティー」
  • 原作4巻「パンケーキをおいしそうに食べる」
  • 原作6巻「マネージャーに嫉妬する」
  • 原作8巻「市川の背中をツンツンする」

各エピソードの内容を軽く紹介します。

 

エピソード1.原作1巻「面白いと言われて嬉しくなる」

ある日山田は、下校中に先輩からナンパされます。

先輩から「かわいい」と言われても無表情だった山田でしたが、「面白いね」と褒められると嬉しそうな顔をします。

ここで「チョロくてかわいい」という一面を見せました。

女子で面白いが褒め言葉ってめずらしいね。山田は芸人になりたいのかな。

 

エピソード2.原作2巻「職場見学とミルクティー」

職場見学から帰る途中、ある事情で山田は落ち込みますが、彼女を見て市川はミルクティーを買って渡します。

すると山田の顔が赤くなりドキッとした表情を見せます。

自分の好きな飲み物を市川が知っていたことと、自分を励ましてくれた彼の優しさに驚いたのでしょう。

 

これ以降、山田は市川のことを「ただのクラスメイト」としてではなく、「異性」として意識するようになります。

あわせて読みたい

 

エピソード3.原作4巻「パンケーキをおいしそうに食べる」

山田と市川はデートの日、原宿のカフェで食事しました。

食事のシーンでも、彼女はかわいらしい部分を見せています。

 

彼女のかわいいポイントは、おいしさの表現方法です。

パンケーキを笑顔で豪快に食べ、足をばたつかせておいしさを伝えています。

心の底から食事を楽しんでいる姿は好感が持てるね。

 

エピソード4.原作6巻「マネージャーに嫉妬する」

市川は山田の仕事を見学することになりました。

そこで山田のマネージャー(男性)に顔をまじまじと見られ、「瞳がキレイ」と褒められます。

それを見て山田は分かりやすく動揺します。

「市川とマネージャーが禁断の関係になるのでは」と慌てる山田がかわいいと感じました。

 

山田は男相手でも嫉妬するのかと、思わず笑っちゃったね。

 

エピソード5.原作8巻「市川の背中をツンツンする」

山田と市川は、カラオケボックスで遭遇します。

山田は市川と会えたことで嬉しくなり、彼の背中をツンツンしました。

恥ずかしくなって赤面する市川と、喜びながら彼の背中をツンツンする山田が対照的で面白いです。

マイナーなエピソードだけど、ツンツンシーンは他にはないから新鮮だよ。

\思わずにやけるシーン満載/

 

『僕の心のヤバイやつ』山田杏奈のかわいい様子を見る方法

『僕の心のヤバイやつ』を見る方法

『僕の心のヤバイやつ』を見る方法について紹介します。

 

アニメで山田杏奈を視聴する方法

『僕の心のヤバイやつ』は以下の動画配信サービスで視聴できます。

※上下左右にスクロール可能

サービス 『僕ヤバ』
配信状況
アニメの
見放題数
トータルの
見放題数
魅力 月額料金 無料体験 公式HP

Amazon
Prime Video
Amazon Prime Video

全話見放題 非公開 非公開
(推定10,000本以上)
・オリジナル作品が充実
・ほかのAmazon有料サービスも利用可能
600円 30日間

Amazon Prime Video公式

U-NEXT
U-NEXT

1話220円 4,700本以上 300,000本以上 ・アニメ以外の動画も充実
・マンガも購入可能
2,189円 31日間

U-NEXT公式

DMM TV
DMM TV

1話220円 5,600本以上 190,000本以上 ・新作アニメカバー率100%を追求
・オリジナル作品が充実
550円 30日間

DMM TV公式

dアニメ
ストア

dアニメストア

1話220円 5,700本以上 ・アニメ配信に特化
・アニソンフェスや声優LIVEも視聴可能
550円 最大31日間

dアニメストア公式

※本ページの情報は2024年2月時点のものです。最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください。

 

中でもAmazon Prime Videoがおすすめです。

ほかのサービスは『僕の心のヤバイやつ』を220円/1話でレンタル配信しています。

その点、Amazon Prime Videoなら見放題で配信しているため、無料期間中ならお金もかかりません。

\30日間の無料体験あり/

Amazon Prime Video公式

オリジナル作品が充実

 

もし特定の話数だけ見たい場合は、U-NEXTを利用するのも良いでしょう。

U-NEXTは新規会員登録すると600ptもらえるので、2話分を無料視聴できます。

\31日間無料体験あり/

U-NEXT公式

4,700本以上のアニメが見放題

 

マンガで山田杏奈を見る方法

『僕の心のヤバイやつ』は以下の電子書籍サービスで購入するのがおすすめです。

※上下左右にスクロール可能

サービス 作品数 おすすめポイント 初回登録
キャンペーン
公式HP

DMM
ブックス

DMMブックス

98万冊以上 ・大人向け作品も充実
・DMMポイントで購入が可能
・常時ポイント還元あり
90%OFF
(割引上限2,000円)

DMMブックス公式

eBook
Japan

eBookJapan

110万冊以上 ・PayPayユーザーはお得
・買ったマンガを背表紙で管理
・毎週金曜日がお得
70%OFF
(割引上限500円×6枚)

eBookJapan公式

ブックライブ
ブックライブ

129万冊以上 ・マンガ以外の書籍も充実
・毎日クーポンガチャあり
50%OFF
(割引上限なし・1冊のみ)

ブックライブ公式

※本ページの情報は2024年2月時点のものです。最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください。

 

中でも「DMMブックス」がおすすめです。

DMMブックスなら初回90%OFFクーポンがあります。

 

さらに、ポイント還元率も高いため、クーポン対象外の人でもお得に購入できます。

\新規登録者90%OFF/

DMMブックス公式

98万冊以上の書籍を取扱い

 

『僕の心のヤバイやつ』の山田杏奈に関するよくある質問7つ

よくある質問

『僕の心のヤバイやつ』の山田杏奈に関するよくある質問を紹介します。

 

山田杏奈の身長ってどれくらいなの?

山田杏奈の身長は171.9cmです。

原作3巻のおまけコーナーで判明しました。

中学2年生〜3年生の平均身長が156cm〜157cmなので、彼女がモデル活動をしているのもうなずけますね。

 

山田杏奈と主人公「市川」との身長差は?

市川の身長は156.5cmなので、約15cmの身長差があります。

かなり身長差がありますが、作中では身長差を巧みに活かした描写が多いです。

 

たとえば、市川が壁ドンされることもあります。

ほかの作品だと男性の方が高身長ですが、『僕の心のヤバイやつ』は女性の方が高身長なので斬新な展開も多いです。

あわせて読みたい

 

山田杏奈の体重はどれくらいなの?

正確な数値は公開されていませんが、50kg〜53kgの間であると予想します。

山田の体重を裏付ける根拠
  • 中学3年生の平均体重は約50kg
  • 山田はモデルの仕事をしている
  • 3巻のおまけコーナーで、体重計の数値が50kg~60kgを差していた

 

山田はモデル活動もしており、体重もシンデレラ体重もしくはモデル体重の数値である可能性が高いでしょう。

シンデレラ体重は「モデルのような見た目」と言われる体重です。

モデル体重は現役のモデルや女優でも見かけないレアな数値です。

 

山田の身長はすでに判明しているので、下の計算式で彼女の体重を推定します。

「身長(m)×身長(m)×BMI値」

モデル体重の場合はBMI値を17に、シンデレラ体重の場合は18にします。

計算式 推定体重
モデル体重 (171.9)×(171.9)×17 =約50kg
シンデレラ体重 (171.9)×(171.9)×18 =約53kg

したがって、山田の体重は50kg〜53kgの間であると推定できます。

 

山田杏奈のスリーサイズやカップ数はどれくらいなの?

山田のスリーサイズも非公開です。

しかし「女性キャラクターバストサイズ計算スクリプト」を使うことで、山田のスリーサイズを計算できます。

身長 171.9cm
体重 50kg~60kg
(原作で体重計に乗るシーンから判明)
トップバスト 92.8cm
アンダーバスト 79.1cm
ウエスト 65.3cm
ヒップ 92.8cm
太もも 53.3cm

 

上記はワコール社が提唱する「ゴールデンカノン」をもとに抽出した数字です。

 

また、「サイズ計算機」を使ってトップとアンダーのバストから測定すると、カップ数はCカップであることが分かりました。

中学生にしながら、抜群のプロポーションを誇っているね。

 

山田杏奈の年齢は?

物語のはじめは14歳です。

『僕の心のヤバイやつ』は中学2年生から始まって、少しずつ時間が経過していきます。

 

ちなみに、8巻以降では中学3年生になったので年齢は15歳です。

『僕の心のヤバイやつ』は時間が進むタイプの作品だから、卒業まで描かれる可能性は高いよ。

 

山田杏奈の母親もかわいいの?

山田杏奈の母親

出典:『僕の心のヤバイやつ』アニメ公式サイト

山田の母はかわいいというより、美しいです。

まさに山田杏奈の親ですね。

ここまでの美しさなら、若い頃にモデルをやっていた可能性が高いでしょう。

遺伝って恐ろしいね。

 

山田家はパパやママも身長が高いの?

​​山田の両親は平均よりも身長は高いです。

2人の身長は作中で判明していませんが、年齢やビジュアルは分かっています。

 

年齢別平均身長」のサイトや作中での2人の立ち姿から身長を予想しました。

人物 年齢 推定身長 同世代の平均身長
山田のママ 41歳 160cm〜165cm 約158cm
山田のパパ 39歳 180cm以上 約171cm

山田ママは山田本人と並ぶと小柄な印象を受けますが、同世代の中ではやや高めの身長です。

山田のパパは山田の頭一つ分身長が高く、軽く180cmは超えているでしょう。

山田パパは個性が渋滞しているから、アニメ2期でどんな人物になるか楽しみだね!

\思わずにやけるシーン満載/

 

まとめ.『僕の心のヤバイやつ』の山田は言葉で表現しきれないほどかわいい!

『僕の心のヤバイやつ』の山田は言葉で表現しきれないほどかわいい!

本記事の要点

  • 『僕の心のヤバイやつ』の山田杏奈は美少女で天然キャラ
  • 子どもっぽかったり一途に恋をしたりと魅力にあふれている
  • 時には嫉妬したりと大胆な鼓動を取ったりするので目が離せなくなる
  • 山田の可愛い様子はアニメやマンガで堪能できる

 

山田杏奈の魅力はひと言では語り切れません。

美少女でありながら天然な要素があり、一挙手一投足にかわいいところがあります。

愛される要素をすべて持っているため、ラブコメ作品の中でもトップクラスのヒロインです。

 

原作では、山田のかわいい表情から怖い顔、すねた顔などいろいろな姿を見られます。

山田のことをもっと知りたい人や、市川との恋模様が気になる人は、アニメやマンガをチェックしてみましょう。

山田のことを一度見ると一瞬でとりこになるよ。

\30日間の無料体験あり/

Amazon Prime Video公式

オリジナル作品が充実

 

\新規登録者90%OFF/

DMMブックス公式

98万冊以上の書籍を取扱い

 

スポンサーリンク

-感想・考察・ネタバレ
-