感想・考察・ネタバレ

「五等分の花嫁」四葉は最低?嫌い、性格が悪いといわれる原因

この記事はプロモーションを含みます
「五等分の花嫁」四葉は最低?嫌い、性格が悪いといわれる原因

こんな悩みや疑問はありませんか?

  • 『五等分の花嫁』の四葉って性格が悪いの?
  • 四葉のどのようなところが最低なの?
  • 四葉は何で嫌われているの?

本記事ではこのような悩みを解決できます。

 

 

本記事の執筆者

サイト運営者のプロフィール

『五等分の花嫁』は原作マンガ・アニメをすべてチェック済みです。

 

四葉といえば天真爛漫という言葉が似合うヒロインです。

誰にも好かれる明るいキャラクターですが、一部では「最低」「性格が悪いから嫌い」という声もあります。

 

なぜ四葉が最低・性格が悪いと嫌われているのか理由を紹介します。

明るい四葉とは違う性格の悪い一面をのぞいてみてね。

\原作を格安で読める/

DMMブックス

魅力
  • 98万冊以上の電子書籍がある
  • 初回ユーザーは無料登録すると90%OFFクーポンをもらえる(割引上限2,000円)

\新規登録者90%OFF/

DMMブックス公式

98万冊以上の書籍を取扱い

 

\アニメをたくさん視聴できる/

DMM TV

魅力
  • アニメの見放題作品は5,600作品以上
  • 新作アニメや2.5次元舞台の扱いが充実
  • オリジナルコンテンツが多い
  • 月額料金550円
  • DMMプレミアム会員の特典もあり

\30日間無料体験/

DMM TV公式

190,000本以上の作品が見放題

『五等分の花嫁』四葉が嫌い・最低だという人の口コミ3選

『五等分の花嫁』四葉が嫌い・最低だという人の口コミ

SNSで四葉が嫌い・最低と言っている人の口コミを紹介します。

 

口コミ1.セリフと行動が合っていないシーンもある

四葉は発言と行動が一致しないこともあります。

心の底に風太郎への想いを秘めているため、仕方がない部分です。

 

しかし、普段の明るい四葉を知っていると「本当はずっと嘘をついていたんだ」とギャップを感じてしまいます。

結果的に「裏切られた」と感じて嫌いになる人もいるでしょう。

四葉のまじめさが好きな人だと、裏の顔にギャップを感じやすいよ。

 

口コミ2.結末を知ってから見返すと四葉の策士ぶりが伝わる

結末を知ってからだと作品の見方が変わるという人もいます。

私も結末を知ったあとに『五等分の花嫁』を読み返しましたが、四葉の見え方が変わりました。

 

個人的には四葉の裏の顔を見られたような気になってよかったです。

しかし、人によっては四葉の行動を見て嫌いになる可能性もあります。

 

口コミ3.五つ子の中で四葉が一番性格が悪い

一花よりも四葉の性格が悪いという人もいます。

 

五つ子の中でも一花は性格が悪いと思われがちです。

一花の性格が悪いところ
  • 自分の恋愛を最優先した
  • 独占欲が人一倍強い
  • プライベートがだらしない

 

作中では風太郎を手に入れようとして、姉妹を陥れました。

一花は嫌われ者扱いされがちですが、人によっては四葉の方が性格が悪いと感じるでしょう。

 

【最低】『五等分の花嫁』四葉は性格が悪いと言われる原因5つ

【最低】『五等分の花嫁』四葉は性格が悪いと言われる原因

「四葉は最低だ」「性格が悪い」と言われる原因は以下のとおりです。

四葉は性格が悪いと言われる原因

  • 底抜けに明るい性格が怪しい
  • 天然なところがあざとい
  • 誰に対してもやさしいから裏があるように思える
  • 人に必要とされていることがうれしいと感じる部分がある
  • 困ったことが起きるとごまかそうとする

それぞれ紹介していきます。

 

原因1.底抜けに明るい性格が怪しい

四葉と言えば五つ子の中でもダントツに明るい性格です。

人を引き付けるキャラクター性をもっています。

まさにムードメーカーと言える存在です。

 

しかし、明るすぎる性格が逆に怪しいと感じる人もいます。

ほかの作品だと明るい性格のキャラが、のちに裏切る展開もありがちです。

四葉が裏切ることはありませんでしたが、読者にとっては裏切られたと感じる展開があります。

「思っていた四葉と違う」と幻滅して嫌いになる人もいるでしょう。

 

原因2.天然なところがあざとい

四葉は天然なところが魅力的なキャラクターです。

四葉の天然
  • すぐ嘘にだまされる
  • 本来の目的を忘れて目の前のことに没頭する
  • 風太郎のほっぺに付いたクリームを口でなめとる

 

天然行動が多いため「わざとではないのか?」と疑いたくなりますよね。

仮に計算でやっているのだとすれば、かなりあざといです。

天然行動が計算かどうかは明かされていないけど、ただの天然であることを祈りたいね。

 

原因3.誰に対してもやさしいから裏があるように思える

四葉は人のことを悪く言いません。

誰に対しても同じ距離感で接する天使のようなキャラクター性です。

 

しかし見方を変えると、誰に対しても良い顔をしているとも言えます。

全員に愛嬌を振りまく様子は苦手に感じる人もいるでしょう。

 

原因4.人に必要とされていることがうれしいと感じる部分がある

四葉は人に必要とされることがうれしい承認欲求の強い女の子です。

頼まれたら断れず、自分を犠牲にしてでも助けてしまいます。

 

お人よしと言えば良いですが、さすがにやりすぎなところがあるのも否定できません。

精一杯がんばるのも自分の承認欲求を満たすためだとすれば、性格が悪いと感じてしまいます。

四葉の場合はただ単に善意でやっているだけだと思うけどね。

 

原因5.困ったことが起きるとごまかそうとする

四葉は困ったことがあるときに以下の行動を取ります。

困ったときが起きたときのごまかし方
  • モノを渡して許してもらおうとする
  • 泣いてごまかす

 

行動だけ見ると最低と思ってしまうのも仕方ありません。

 

本来であれば悪いことをしたときは謝罪すべきです。

しかし、四葉は何とかごまかそうとするクセがあり、あまり褒められた行動ではありません。

四葉の愛嬌があれば許したくなりますが、本性を知っている人には性格が悪く見えるでしょう。

 

『五等分の花嫁』四葉の最低さや性格の悪さが見えるエピソード4選

『五等分の花嫁』四葉の最低さや性格の悪さが見えるエピソード

性格の悪さが見えるエピソードは以下のとおりです。

四葉の最低さや性格の悪さが見えるエピソード

  • 幼少期にほかの姉妹を出し抜こうとした
  • 自分が勉強で足を引っ張って姉妹を巻き込んだ
  • 一花や三玖を応援していたのに自分だけキスする
  • ほかの姉妹を差し置いて風太郎と結ばれる

各エピソードで四葉がどのような行動を起こしたのか見ていきましょう。

 

エピソード1.幼少期にほかの姉妹を出し抜こうとした

幼少期の四葉は風太郎と出会ったことで、ほかの姉妹に負けたくないと感じるようになりました。

 

最初は勉強をがんばりましたが、ほかの姉妹よりも成績が悪くなってあきらめます。

勉強をあきらめる代わりに、スポーツに取り組むようになりました。

スポーツは四葉の性格に合っていて、さまざまな部活動で活躍する存在になります。

 

しかし、スポーツで活躍しすぎた四葉は、自分のことを特別な存在と考えてしまいます。

四葉の黒いところが出てきた瞬間です。

 

四葉がとった行動は決して悪くありません。

好きな人のために自分を変えることはほほえましい努力です。

 

ただ、何よりも大切な家族を切り離すような言動は見過ごせませんよね。

今でこそ当時のおこないを反省していますが、転校するまでの四葉は性格が良いとは言いづらいです。

四葉以外の姉妹はよく見はなさなかったよね。

 

エピソード2.自分が勉強で足を引っ張って姉妹を巻き込んだ

四葉のせいで姉妹が巻き込まれるエピソードもありました。

 

転校してくる前の四葉はスポーツに打ち込むかわりに、ほとんど勉強をしなくなりました。

結果的に追々試を不合格になってしまい、落第となります。

父親であるマルオの計らいによって落第ではなく転校で済みましたが、本人のショックは計り知れません。

 

四葉の事態を知ったほかの姉妹は、四葉の転校に付いていくことを提案しました。

嘘をついてまで四葉のことを見捨てない姿勢は、まさに五つ子のなせるわざです。

 

一見すると美談に見えますが、事実を見ると四葉がほかの姉妹を巻き込んだように見えますよね。

四葉さえ勉強しておけば、ほかの姉妹が転校することはありませんでした。

今の環境を捨ててまで四葉のことを見捨てないほかの姉妹はやさしいね。

 

エピソード3.一花や三玖を応援していたのに自分だけキスする

四葉は「スクランブルエッグ」の回で自分だけ風太郎にキスしました。

 

「スクランブルエッグ」はとある事情で、全員が五月の変装をしている回です。

風太郎にキスした人も五月の変装をしているので、誰かわかりません。

しかし、のちにキスしたのが四葉であることが判明します。

 

四葉は「スクランブルエッグ」で一花や三玖を励ます立ち回りでした。

姉妹を支える光景は感動的です。

 

ただ、見方を変えると一花や三玖を励ましているのに、自分だけ風太郎にキスしているように思えます。

まさに裏切りとも言える行動ですよね。

 

「スクランブルエッグ」でキスしたのが四葉であることは最終回で判明しますが、真相を知って四葉が嫌いになる人もいます。

 

エピソード4.ほかの姉妹を差し置いて風太郎と結ばれる

「四葉は最低だ」と感じる多くの人は、風太郎に選ばれたことが現いです。

 

『五等分の花嫁』は風太郎と四葉が結ばれてエンディングを迎えます。

四葉は作中でほかの姉妹ほどアピールしていません。

※左右にスクロール可能

姉妹 風太郎へのアピール
一花 本人に好きだと伝える。
家族を出し抜いてまで行為を伝えた。
二乃 本人に好きだと伝える。
一番積極的に愛情をアピールしていた。
三玖 本人に好きだと伝える。
物語の冒頭からさりげなく行為を示していた。
四葉 風太郎への想いを隠していた。
好きと伝えるシーンは少ない。
五月 特に好きアピールはしていない。
四葉が選ばれたあとに風太郎への恋心を自覚する。

 

一花・二乃・三玖は積極的に風太郎へアピールしているため、結ばれてもおかしくありません。

しかし、四葉は風太郎への恋心を秘めています。

風太郎にアピールする機会が少なく「なんで四葉が選ばれたの?」と不思議に感じる人も多いです。

 

四葉エンドになって炎上したこともあるほどから、かなり賛否両論があったとわかるね。

あわせて読みたい

 

【最低なだけではない】『五等分の花嫁』四葉の魅力5選

『五等分の花嫁』四葉の魅力

性格が悪いという声もある四葉ですが、以下の魅力があります。

四葉の魅力

  • 圧倒的な妹感を持っている
  • イベントを全力で楽しもうとする
  • 嘘を隠せない
  • 笑い方がかわいい
  • 表情が豊かで飽きない

5つの魅力を順番に紹介します。

 

魅力1.圧倒的な妹感を持っている

四葉最大の魅力は守りたくなる存在感です。

ほかの姉妹と違って妹感が強く、四葉だけ年齢が違うのではないかと思わせてくれます。

妹っぽさを感じるところ
  • 常にリボンを着けている
  • 性格が子どもっぽい
  • 高校生でも小学生の頃の下着を付けている
  • 大人に憧れている

 

姉っぽさがある一花と五月とは正反対のキャラクター性です。

四葉は四女だけど、五月より妹っぽいよね。

 

魅力2.イベントを全力で楽しもうとする

四葉は何事も全力で楽しもうとします。

人によってはポジティブすぎる姿が「うざい」と感じるでしょう。

 

しかし、イベントを楽しんでいる四葉の様子はかわいすぎます。

特に笑顔のシーンはひと目で好きになるレベルです。

イベント時は四葉の明るさがよく出てくるので、つい目がいってしまいます。

 

魅力3.嘘を隠せない

四葉は風太郎に関することで嘘を隠せません。

なんとかごまかそうとしますが、最終的にはバレたり自分からバラしたりします。

嘘を隠せないキャラクター性は好印象です。

 

ただ、四葉は「風太郎が好き」という最大の嘘をつき続けています。

最後まで風太郎への好意がバレなかったことを考えると、四葉の女優ぶりは一花以上かもしれませんね。

 

魅力4.笑い方がかわいい

四葉は姉妹の中でも笑顔がかわいいです。

まるで子どものような笑顔を振りまいています。

同級生に四葉のような女の子がいたら一瞬で好きになっていたでしょう。

特に「ニシシ」と笑っている時の顔はイチオシだよ!

 

魅力5.表情が豊かで飽きない

四葉は感じたことをそのまま表情に出す傾向があります。

 

たとえば怒っているときは「もーっ!」と言うためかわいいです。

ほかにも、悲しんでいるときはこの世の終わりみたいな表情をします。

感情豊かな四葉を見ていると飽きません。

 

『五等分の花嫁』に関するよくある質問6つ

よくある質問

『五等分の花嫁』に関するよくある質問を紹介します。

 

Q1.四葉は一花よりも性格が悪いの?

四葉は一花よりも性格が悪いという見方もできます。

 

一花はやり方こそ姑息でしたが、素直に風太郎へ恋心をアピールしました。

しかし、四葉はナチュラルに性格が悪いです。

自覚していない分、一花よりも性格が悪いとも言えます。

あわせて読みたい

 

Q2.『五等分の花嫁』に四葉より性格が悪いキャラはいないの?

四葉より性格が悪いキャラは以下のとおりです。

『五等分の花嫁』のクズキャラ
  • 五つ子の実父「無堂」
  • 陸上部部長「江場」
  • 武田父

 

中でも無堂はかなりのクズです。

無堂は五つ子の本当の父親にあたります。

クズキャラ無堂の血を引いた娘だからこそ、四葉に性格が悪いところがあるのでしょう。

あわせて読みたい

 

Q3.四葉が離婚するって本当なの?

四葉が離婚するかどうかは不明です。

物語はハネムーンに行く寸前までしか描かれていません。

 

ただ、四葉と風太郎が離婚する可能性は低いでしょう。

四葉が離婚する可能性が低い理由
  • 幼少期からの強い想いが結婚後も続いている
  • 四葉が引っ張って風太郎が振り回される関係性が合っている
  • 困難が立ちはだかっても二人の力で乗り越えられる
  • お互いに趣味や嗜好が異なるので新鮮な日々が色あせない
  • 離婚話が持ち上がったらほかの姉妹がフォローする

 

四葉と風太郎の想いを知れば、離婚するとは思えません。

あわせて読みたい

 

Q4.四葉って二重人格者なの?

四葉は二重人格者ではありません。

 

転校前と転校後で性格が変わっていますが、同一人格です。

ひどいおこないをあらためて、感情豊かな四葉に生まれ変わったのでしょう。

転校前の四葉は最低だったけど、転校しなければクズのままだったかもね。

 

Q5.なんで風太郎は四葉を選んだの?

風太郎が四葉を選んだ理由は次のとおりです。

風太郎が四葉を選んだ理由
  • 四葉だけが最初から協力的だった
  • トラブルがあるごとに四葉が支えてくれた

 

四葉は出会ったときから風太郎のことを積極的にサポートしていました。

くじけそうなときもサポートしてくれたので、四葉のことが好きになったのでしょう。

あわせて読みたい

 

Q6.結局『五等分の花嫁』の結末は四葉エンドでよかったの?

個人的に『五等分の花嫁』は四葉エンドで正解です。

 

仮に四葉が結ばれないと、胸に秘めた想いが解放されません。

ずっと風太郎のことを引きずって生きていくことになります。

 

しかし、風太郎と結ばれることで秘めていた想いが報われました。

四葉エンドは賛否両論ありますが、個人的には満足できる内容です

 

四葉エンド以外の可能性は「四葉以外の姉妹で誰なら炎上しなかったのか推測」でも紹介しているよ。

あわせて読みたい

 

まとめ.四葉は最低で性格が悪いところもあるが、魅力も多い!

四葉は最低で性格が悪いところもあるが、魅力も多い!

本記事の要点

  • 四葉は無自覚に性格が悪いところもある
  • 特に転校前の四葉は性格の悪いところが目立っていた
  • 無自覚の行動を見て「四葉は最低だ」と嫌いになる人もいる
  • ただし四葉にも魅力的なところがあってファンも多い

 

四葉はナチュラルに性格が悪いところもあります。

たとえば姉妹の恋を応援しながら、自分だけ風太郎にキスするのは裏切り行為です。

 

しかし、四葉は風太郎への想いを胸の内に秘めていました。

想いの強さを知ると姉妹をだましていたのも仕方がないと言えます。

 

四葉の本性を知りたい人は、結末を知ったうえで『五等分の花嫁』を見返してみてね。

\30日間無料体験/

DMM TV公式

190,000本以上の作品が見放題

 

\新規登録者90%OFF/

DMMブックス公式

98万冊以上の書籍を取扱い

 

スポンサーリンク

-感想・考察・ネタバレ
-